osakanaさんのうだうだまったりの独り事のようなもんよ!


by osakana306
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006年 07月 11日 ( 1 )

俺のMVP

いや〜、4年に一度の祭典が終わりました。色んなドラマがありました。
日本の惨敗、シェフチェンコのウクライナ初出場、メッシの初出場初ゴール、韓国はやっぱハートが強いし、トーゴやコートジボワールも楽しませてくれたし、中田の引退、ジダン頭きでMVP、この件に関しては色々憶測が騒がれています。
ローマ 10日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝のフランス戦で、イタリアDFマテラッツィが退場処分を受けたフランス主将のジネディーヌ・ジダンを「テロリスト」と呼んだとの報道について、マテラッツィが10日否定した。
マテラッツィはイタリア通信社「ANSA」の取材に対し、「それは真実ではない。私は彼をテロリストと呼んでいない。私は無知なので、その言葉の意味すら理解していない」と語った。
フランスのパリに拠点を持つ人権擁護団体の「SOSレイシズム」が関係筋の話として先に報じたところによると、マテラッツィはアルジェリア系移民2世のジダンを「卑怯なテロリスト」と呼んだ、という。
また、映画ZIDANE 神が愛した男でも同じ様なシーンがあるらしい。

だが今大会の俺のMVPは間違いなくこの人です。
a0016741_196121.jpg
    個人的はかな〜り楽しませて貰いました!!


a0016741_189366.jpg名前(通名): ディエゴ・アルマンド・マラドーナ
生年月日: 1960年10月30日
出身地: フィオリート(ブエノスアイレス郊外)、アルゼンチン
負け犬「アルビセレステ」が世界を打ち負かす

アルゼンチンでは、決してすたれることのないものがいくつかある。たとえば、牛肉、女性、そしてドゥルセ・デ・レチェ(庶民のお菓子)。経済的な打撃で傷ついた集団的な自我を癒してくれる何かだ。そして、もちろんサッカー。特に1人の選手はあまりにも多くの愛をこの国の人々に与えた。-ディエゴ・アルマンド・マラドーナ。サッカーの神がこの国を訪れサッカーの技術を授けようとしたときに、マラドーナは先頭に並んで、あらゆる技術を身に付けた。そしてマラドーナはサッカーが日々のパンと同等の意味を持つこの国でまさに神と同等にみなされるようになった。数々の論争を巻き起こし成功とは表裏一体なのかもしれないが、マラドーナも数多くの物議を醸し出した。マラドーナの擁護者たちは彼の「正直さ」と「信念を曲げない姿勢」を称えた。一方、批判者たちはマラドーナの非難材料には事欠かなかった。彼はジャーナリストに向けてエアガンを発砲したり、全国テレビで教皇を侮辱したりした男なのだから。マラドーナは普段は感情をコントロールできない厄介な男であったが、ピッチ上では打って変わって誰にもまねできなほど自在にボールを操った。「私がサッカーボールですることを彼ならオレンジでやってのけますよ」とあのフランスのスター選手ミッシェル・プラティニもマラドーナに舌を巻いている。
マラドーナのアップ
[PR]
by osakana306 | 2006-07-11 19:19 | football