osakanaさんのうだうだまったりの独り事のようなもんよ!


by osakana306
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自営で美容室をやっている友人から紹介を受け、スタンドサインの制作をする事になった..
今回は既製品のスタンドサインを少しデコレーションしました。
まず本体がシルバーの味気ない色なので淡いイエローのシートを貼り、お客さんのリクエストであるストロボ球用の穴をあけてストロボをセットして配線をし直します。

a0016741_1834985.jpga0016741_1835452.jpg看板の広告面にアクリルでレールを作ってあげてA-3サイズのクリアファイルが入る様にします。ここはお客さんが告知用に使うそうです。
ストロボ球の直視はエグいのでダイヤカットのアクリルで雨避けカバーを作って取付けます。
a0016741_18522284.jpg
クリアファイルも付け納品して今日もお仕事が無事終わりましたとさ。
[PR]
by osakana306 | 2007-01-31 18:55 | advertisement

現展から世界へ

前の会社の社長の同級生でN氏と言う方がいて、N氏は中学校の美術の先生でご自身でも精力的に絵を書いているお方であるがその作風もコンピューターを使いフォトショップ、CG等を用いて表現する様になってきた。
その頃から仕事として付合う様になり、書いた絵(データの持込み)にて出力機にて布地に出力して木枠パネルにキャンバスの様に張り込み額縁を付け納品していた。
時には中に電灯を入れ光らせたいなどと注文がありまるで電飾看板そのものを造ったり鏡を使ったボックスに映像を反射させ布地を通して影を見せたいとか色々であった。それらの作品は当然『現展』やその他の展示会に出品活動していて何度も名誉有る賞を取っている。

先日、前の会社の社長から仕事の依頼を受けたのがそのN氏の仕事であった。やはり長年うるさい注文に応じてきたので指名された様だ。社長がいくら同級生とは言え技術的に心元無かったのだろう。久し振りに話すとN氏は中学校の教諭を辞めたと言う。今の教育に対して思う気持ちが有るがどうにも身動きが取れない制度に嫌気がさしピリオドを打ったらしい。

時を同じくしてちょうどアメリカのニューヨークでの個展の話しが入って来てN氏曰く当然色々な費用が結構かかるので悩んだあげく一大決心の末決断。今回の制作依頼へと至った訳である今回の木枠は向こうの額縁に合せた寸法で7展制作。仮の額縁を額縁屋にオーダーしているらしいが、当然持って行くのは今迄の作品等も有るのでもっと有るだろうし迫力のある良い個展になるに間違いない。
a0016741_15394867.jpg

何はともあれ成功をお祈り致します。
[PR]
by osakana306 | 2007-01-17 15:51 | advertisement

Knt!

新年と言っても半分過ぎてるし..2007年初ブログである。
色んな事が起き大手町もどうなるかと思ったが今後直接杉浦氏がやる事になったのと高橋氏も癌手術より復帰したで一段落である。と言っても解らないよね..
土曜日にN工房の高橋氏の仕事で近畿日本ツーリストのアクリル切り文字サインを取付けてきた。
a0016741_1729236.jpg当然制作からやったが、小さい文字でH40位なので結構神経使いました。もう少し歳とって目が見えなくなってきたらキツイだろうな〜。

アクリル切るのにミシン(卓上糸ノコ)で切るんだけど結構面倒だよ〜!

まず今回の場合色をシルバーメタリックなんだけど木口はアクリルの色になるんで濃いグレーを選択。
アクリル板にシルバーメタリックのシート貼って、保護シートを貼り、その上に原稿を貼って、溶かしたロウを切る部分に塗って行きます。(これは切った時起る摩擦熱でアクリルが溶けてくっついてしまうのを防ぎます。)今回は小さいので先に板の裏に取付用の両面テープを貼り、ようやく切り始める事が出来ます。
最近はレーザーとかで切ったりもしますが、その場合色付けのシートや両面テープ等はレーザーで切った後に貼るので、貼ったフイルムを文字に沿わせてカットしていくので今回みたいな小さい文字は結構大変です。
まあ実際あんまり時間も無かったんで自分で切る事にしますた。
[PR]
by osakana306 | 2007-01-15 17:53 | advertisement