osakanaさんのうだうだまったりの独り事のようなもんよ!


by osakana306
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花火大会

a0016741_23124095.jpg夏のこの時期になると我家から調布多摩川の花火と府中の東京競馬場の花火が観る事が出来る。そして今日は調布多摩川の花火大会なのでサッカーもそこそこに切り上げ枝豆、鰹の刺身ミョウガと大葉乗せ、豚ガツ、ミミガー、そしてビールを用意して段取り8部!
しかし雨が降り出し曇っている為視界不良なのでイマイチ綺麗に観れません。飲むっきゃね〜な!
東京競馬場は今年改修工事が有る為花火大会はやらないらしい、競馬場はもっと近くで観れるので残念... 来年期待してます。

a0016741_23152275.jpga0016741_23163866.jpg

[PR]
by osakana306 | 2006-07-23 23:26 | お酒

ホンダとBSA

ホンダと言えばやはり“カブ”だろう。
戦後ホンダは日本を出てヨーロッパに視察に出掛けている。そこで衝撃的な出逢いをしたと後に語っている。
a0016741_9313022.jpg復興と高度成長を向かえている日本に戻ったホンダは初代カブを発売。
自転車の後輪に付けただけの初代カブだが当時の技術としてはそれは凄かったに違い無いだろう。
しかしもう一つ下の画像を観て頂きたい。



a0016741_9385940.jpg
英国のBSAと云うメーカーのエンジンでこれも自転車の後輪に付けるタイプだが、ここからはosakanaさんの勝手な想像だがホンダが衝撃的な出逢いをした。と言うのはこのBSAではないか?と思う。このBSAに英国で出逢いカブを作った..いやパクったに違いない。
当時のカブはエンジンだけを作りギヤ部にチェーンを付け自転車の後輪を駆動させる物だが、BSAの方はどうだろうBSAのロゴが入った大きな丸い部分がドラムブレーキになっていてその先にスポークを組込めば後輪と一体化してブレーキ迄もが納まっているのである。
それとBSAのロゴの部分だがホンダのバイクロゴマーク“ウイング”にクリソツなのである。やはりホンダはこのBSAに影響を受けエンジン、ロゴまでパクリ後にヨーロッパで先駆であったモータースポーツへとその後を追いかけたに違いない。
[PR]
by osakana306 | 2006-07-20 10:05
昨日は地元の仲間達が結婚のお祝い会を開いてくれて、みんなから祝福を受けとてもうれしかったです。みんな〜ううっ[涙(ウソ)]本当にありがとう!持つべきものは友だね。ミノちゃん色々お世話様でしたマジ感謝!!っつー事でとりあえず様子を少しだけ...

a0016741_1254045.jpga0016741_12562543.jpg
a0016741_12565934.jpga0016741_13242595.jpg
a0016741_13252612.jpga0016741_13255689.jpg
a0016741_13293041.jpga0016741_13294515.jpg

みなさん、お忙しい最中お集りありがとうございました。また残念ながら会えなかったけど明美、ルミ子、お祝いまで頂いてありがとう。
まあこれで一節目付いたし、次はミノちゃん所の会でパ〜っと行きましょう!
又、皆様より頂いたお祝い金は国際osakana団体セーブ・ザ・オサカナへ全額寄付させて頂きます。
[PR]
by osakana306 | 2006-07-15 13:43 | お酒

俺のMVP

いや〜、4年に一度の祭典が終わりました。色んなドラマがありました。
日本の惨敗、シェフチェンコのウクライナ初出場、メッシの初出場初ゴール、韓国はやっぱハートが強いし、トーゴやコートジボワールも楽しませてくれたし、中田の引退、ジダン頭きでMVP、この件に関しては色々憶測が騒がれています。
ローマ 10日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝のフランス戦で、イタリアDFマテラッツィが退場処分を受けたフランス主将のジネディーヌ・ジダンを「テロリスト」と呼んだとの報道について、マテラッツィが10日否定した。
マテラッツィはイタリア通信社「ANSA」の取材に対し、「それは真実ではない。私は彼をテロリストと呼んでいない。私は無知なので、その言葉の意味すら理解していない」と語った。
フランスのパリに拠点を持つ人権擁護団体の「SOSレイシズム」が関係筋の話として先に報じたところによると、マテラッツィはアルジェリア系移民2世のジダンを「卑怯なテロリスト」と呼んだ、という。
また、映画ZIDANE 神が愛した男でも同じ様なシーンがあるらしい。

だが今大会の俺のMVPは間違いなくこの人です。
a0016741_196121.jpg
    個人的はかな〜り楽しませて貰いました!!


a0016741_189366.jpg名前(通名): ディエゴ・アルマンド・マラドーナ
生年月日: 1960年10月30日
出身地: フィオリート(ブエノスアイレス郊外)、アルゼンチン
負け犬「アルビセレステ」が世界を打ち負かす

アルゼンチンでは、決してすたれることのないものがいくつかある。たとえば、牛肉、女性、そしてドゥルセ・デ・レチェ(庶民のお菓子)。経済的な打撃で傷ついた集団的な自我を癒してくれる何かだ。そして、もちろんサッカー。特に1人の選手はあまりにも多くの愛をこの国の人々に与えた。-ディエゴ・アルマンド・マラドーナ。サッカーの神がこの国を訪れサッカーの技術を授けようとしたときに、マラドーナは先頭に並んで、あらゆる技術を身に付けた。そしてマラドーナはサッカーが日々のパンと同等の意味を持つこの国でまさに神と同等にみなされるようになった。数々の論争を巻き起こし成功とは表裏一体なのかもしれないが、マラドーナも数多くの物議を醸し出した。マラドーナの擁護者たちは彼の「正直さ」と「信念を曲げない姿勢」を称えた。一方、批判者たちはマラドーナの非難材料には事欠かなかった。彼はジャーナリストに向けてエアガンを発砲したり、全国テレビで教皇を侮辱したりした男なのだから。マラドーナは普段は感情をコントロールできない厄介な男であったが、ピッチ上では打って変わって誰にもまねできなほど自在にボールを操った。「私がサッカーボールですることを彼ならオレンジでやってのけますよ」とあのフランスのスター選手ミッシェル・プラティニもマラドーナに舌を巻いている。
マラドーナのアップ
[PR]
by osakana306 | 2006-07-11 19:19 | football